Skip to content(本文へジャンプ)

スイフトメール(SWIFT MAIL)導入までの流れ

  1. 仕様確認(仕様確認書兼、初期設定作業依頼書)
  2. 緊急地震速報機の設置・設定工事
  3. ユーザー情報投入(初期設定資料)、初期設定作業開始(約10日程度)
  4. ユーザーIDの発行
    • 管理者 → ログインURL&ログインパスワード、その他
    • 利用者 → 「簡単利用設定ガイド」(各社員配布用)
  5. 納品(仕様検収&サービスイン)
  6. 運用開始(サポート対応 → ヘルプデスク利用)
    • 「簡単利用設定ガイド」を各職員へ配布 → 受信者登録スタート
    • 管理者設定 → 送受信テスト → 未登録者の抽出 → 登録促進

※各出先機関への導入説明会も行います。

このページの先頭へ戻る