eラーニング きちんと学ぶメンタルヘルスケア

職場の活性化とリスクに備えるメンタルヘルス研修

eラーニングを使って最適な研修を低コストで実現

企業における「心の病」が原因の休職者が年々増えている中で、メンタルヘルスケアは多くの企業で重要な課題としてクローズアップされています。

「きちんと学ぶメンタルヘルスケア」は多数の企業で行われてきた実績のある研修を、そのままeラーニング教材にしました。
監修は、メンタルヘルスケアの権威である東京女子医科大学大学教授 坂元薫先生です。

高い費用対効果を実現

3つのコースをご用意しています

入門者向け、全従業員向け、管理者向けの3コースから選択可能です。
当Webページでは、入門コースのサンプルがご覧いただけます。


さらに詳しく



メンタルヘルスの権威 坂元薫先生が監修

メンタルヘルスの問題は、今やすべての人にかかわる重要な問題となっています。 職域で、うつ病を始めとするメンタルヘルスの問題のため休職せざるを得なくなるひとは珍しくなく、決してひとごとではないのです。そうした状況の中で、様々な企業や団体で、メンタルヘルス対策の種々の取組みが行われるようになってきました。
しかし、どのような素晴らしい取り組みも、その仕組みを利用する方が正しい知識を持っていなければ、十分に活かすことはできません。「実行できる」ことと「知っている」ことは別ですし、そもそも正しく「実行できる」ようになるためには、正確な知識を持っていることが前提となることは言うまでもありません。
職場におけるメンタルヘルスへの対策を考える場合も、まずは知っている環境づくりが大切です。この教材は、職場のメンタルヘルスを考え、対策を進める上で最初の第一歩である教育(知っている環境作り)を支援するものです。
本教材は、単なる啓発にとどまらず、必要な基礎知識を習得できる所まで内容が醸成されている点が素晴らしいと思います。 本教材の内容は、職場の「知っている環境」づくりに取り組む上で、適切かつ十分な内容であると言えます。 社員の皆様および管理監督者の皆様にメンタルヘルスの基礎知識を提供したいとお考えの方に、自信を持ってお勧め致します。職場のメンタルヘルスへの取組みの第一歩である「知っている」環境づくりに是非お役立てください。

坂元先生プロフィール
  • 日本精神神経学会評議員
  • 日本精神科診断学会評議員
  • 日本総合病院精神医学会評議員
  • 日本うつ病学会評議員
  • MDA-JAPAN理事
  • 気分障害(うつ病・躁うつ病)、不安障害(パニック障害社交不安障害)の臨床研究、
    臨床精神薬理を専門領域とする医師

お問い合せ
Copyright テレネット株式会社 All Rights Reserved.