Skip to content(本文へジャンプ)

HT導入事例

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 様

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 様

〒220-8522 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
階 数: 地上31 階
高さ: 140 メートル
延床面積: 70,000 平米
傾斜格度: 80 度

2015年12月初頭、横浜のみなとみらいにそびえるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル様で行われた大規模防災訓練。
弊社の緊急地震情報受信無線機“ハザードトーク”が活躍しました。この度の訓練では、ホテルの地下1階(防災センター)、1階(避難場所)、12 階(火災発生現場)という想定で、ハザードトークが各階に一台づつ使われ、一斉通話機能をフルに活かした通信を行いました。

ご担当者様の声

クリアな音で、またすぐにつながるのでまったく問題なく利用でき、操作も簡単でした。
そして、デモ機での通話試験、大規模災害訓練での利用結果が良く、特に場所(階数)には関係なく使えたことに驚き、導入を決めました。

(注)通常の業務用無線機では、場所的に上下の通信は苦手ですが、ハザードトークはデータ帯域を使うことにより、
このような場合でもしっかりと通信することができます。

日通・パナソニック ロジスティクス株式会社 様

日通・パナソニック ロジスティクス株式会社 様

〒566-0042 大阪府摂津市東別府3丁目2番6号
資本金: 18億円
従業員数: 815名※
倉庫数: 19拠点※

※ 2016年1月末現在

日通・パナソニックロジスティクス株式会社様は、
大阪府摂津市に本社を置くロジスティクスサービスを行っておられる企業です。
こちらの会社で当社の無線機「Hazard Talk」を導入頂きました。
ご導入に至る経緯とご利用後の感想をお聞きしました。

ご担当者様の声

「既存の衛星電話→使いやすい『ハザードトーク』に切り替え。
TV会議を使って全社で操作訓練を行いました。

Q. 導入のきっかけは?
A. 衛星電話を導入していたが、設置場所等使い勝手が悪く屋内でも場所の制約がなく通話ができること、また維持費も安く抑えられることから導入に至りました。
Q. 使用方法は?
A. 被災時の緊急通話手段を想定しています。
Q. 使用方法をどんな風に遠隔地の方に周知されましたか?
A. 全国事業場に実機を配布後、TV会議で実際に操作してもらい使用方法を周知しました。
Q. 使ってみていかがですか?
A. 屋内でも電波が届くため、設置場所や通話場所に制約がないことがメリットです。

平安堂薬局 様

平安堂薬局 様

横浜市中区相生5丁目78番地
導入店舗: 馬車道本店・桜木町店・長者町店・本牧原店・根岸店・並木店・戸部店


清水取締役様

「在庫品の数量確認がいっぺんに出来るようになりました」

横浜馬車道に、創業146年(明治3年創業)の歴史を刻む平安堂薬局様8店舗に
業務利用として緊急災害情報無線機「ハザードトーク」が導入されました。
馬車道本店で責任者をされている清水様から導入のきっかけ、利用方法ならびに導入効果をお聞きしました。

ご担当者様の声

Q. 導入のきっかけは?
A. 停電でIP 電話が使えなかったから
以前は050 で始まるいわゆるIP 電話を使っておりましたが、ある日、停電が起こり、まったく使えなくなり、店舗間の連絡などができなくなり、大変困りました。 そこで知ったハザードトークを試したところ、音は良いし、操作も簡単ということで8 台導入しました。(各店舗で使っています。)
Q. 業務上の効果や使い勝手はどうでしょうか?
A. すぐに使える、一度に話せる。 聞きなおしも簡単
ボタンを押したらすぐに通話ができますし、携帯電話では多人数と一度に話せることができなく、ハザードトークでは、人数と一度に話せるため業務において非常に助かっています。
特に、在庫品の数量確認を各店舗で行うことが多く、頻繁に連絡をします。一度に各店舗の担当者と話せることとができ、大変助かっています。
それと自動録音機能が付いており、聞きもらした際に再度、聞き直すことができるため多品種の薬の受け渡しの数量伝達ミスなどが少なくなり、とても助かっています。
業務改善(社員教育)も!
相互に話して聞くという方法では、相手側の店内にいるお客様にも声が聞こえるため、自分の声が相手の店のお客様にも、聞こえているということが分かり、言葉遣いが丁寧になりました。つまり無線機が従業員の業務態度に良い変化を与えることができました。(清水様談)

犬山ガス株式会社 様

会社名: 犬山ガス株式会社 様

資本金: 1億7,600万円
設立日: 昭和6年10月15日
事業内容: 都市ガスの販売及び供給、保守業務
     ガス機器の販売及びリース、メンテナンス、施工
     住宅設備機器の販売、施工
関連会社: 犬山ガスサービス株式会社 様(LPガスの販売)

他多数

犬山 ガス株式会社様 に 8台、犬山ガス サービス株式会社 様に 3台
災害用 無線機ハザードトークを導入しました。

ご担当者様の声

Q. 導入のきっかけは?
A. 以前、MCA無線機を使っておりましたが、電波の入りがいい所と入らない所があり、非常に不便を感じていました。ガス事業者として無線は必要不可欠なため、今回比較検討することになりデモ機を実際に使ったところ、非常に電波もよくて通話もスムーズに出来たので採用に至りました。
Q. 実際に導入されてみて過去の無線機と比べていかがですか?
A. 先ほど申し上げた電波の状況が改善された事もそうですが、やっぱりハザードトークはスマートフォン感覚で非常に操作し易いと思います。
Q. いつから何台ほどハザードトークをご利用されていますか?
A. 平成27年の7月から11台購入し、使用開始しています。
Q. これから検討されている方々に何か一言ございましたらお願いいたします。
A. 電波が非常によく、室内・室外問わず通話し易く非常に便利ですので、活用してもらえると思います。

シューワ株式会社 様

会社名: シューワ株式会社 様

〒599-8242 大阪府堺市中区陶器北244-5
事業内容:燃料配送・緊急時燃料備蓄/配送など
顧客 :放送局・通信キャリア・データセンター等

ご担当者様の声

熊本地震でもハザードトークが大活躍!

「当社は日々の業務連絡をハザードトークで行っています。熊本地震の発災後は、地震直後からハザードトークに『被災地運搬専用の新しいグループ“熊本グループ”』を関係者の端末に作り、被災地の情報を共有しました。
具体的には福岡車輛センター・熊本地下タンク場・大阪本社BCP事業部・タンクローリー運転手等を結んでの同報通信で、運転手への配送指示や道路状況の情報共有・備蓄量の確認など。
24時間フル体制にて、多くの放送局様・通信キャリア様などの顧客への早期の燃料配送が提供できて何よりでした。連絡は欠かせませんね」

和歌山県立 みくまの支援学校 様

和歌山県立 みくまの支援学校 様

〒647-0072 和歌山県新宮市蜂伏13?26
第19回防災まちづくり大賞において
日本防火・防災協会長賞に選ばれています。

ご担当者様の声

児童・生徒の安全確保と、災害時の通信手段に!

児童・生徒の送迎中には災害が起きたらどこへ避難すれば良いか、またその時は通信ができなくなることがあるかもしれない…何か対策がないか考えていたとき、テレネットの“ハザードトーク”を他の利用者(自治体)から聞いて、当校でも、導入いたしました。
送迎中のルートは、南海トラフ地震が起きた場合に津波がくることから、GPSの導入もしました。そうすることで、災害時に限らず万一の事故の時でもバスの居場所や安全なルートを学校側でも把握・連絡できるようになりました。
生徒の送迎があることから、安全を第一に考え、より安全な地震・津波への対処の確立を図りました。
教職員や各分掌の役割を明確化してその連携を強め、学校防災力の向上を目指しています。

南星キャリックス株式会社 様

南星キャリックス株式会社 様

〒457-0863 愛知県名古屋市南区豊1-49-10
事業内容:一般貨物自動車運送事業・営業倉庫事業
貨物利用運送事業など多数

ご担当者様の声

位置情報・安全配慮で決定

弊社では様々な物流サービスを実施しており、特に小牧営業所と浜松営業所では日々違う荷主様で異なるルートを通行する為、車輛がどこを走行しているか、荷主様のお問合せに速やかにお応えできるよう、車輛位置をGPSでgoogleMAP上に反映させる“GPSサービス”を導入しました。
導入した所、全体の車輛位置や走行速度が簡単にわかるようになり、どこからでも把握できるようになりました。
また、ハザードトークは、GPSにより業務用の緊急災害情報が流せると聞き、災害が起きた場合を想定し、沿岸部のドライバーへの安全配慮・連絡手段も考えて、導入に至りました。

お問い合わせはこちらから 0120-266-860

お問い合わせフォームはこちら

テレネットでは様々な地震対策ソリューションをご用意しています。お気軽にご相談ください。