地震対策は企業責務

地震大国日本において、地震によるリスクは企業経営上の大きな要素として考えることが必須です。
事業継続管理(BCM)の観点からも、また、大切な従業員の命を守るという観点からも、地震対策を講じることは企業の重大な責務のひとつであるといえるでしょう。

今後、コンプライアンスの制定やISOの取得と並んで、地震対策を含む「事業継続管理(BCM)」がきちんとできているかどうかも、企業価値のひとつとなってくるのは間違いありません。
  

受信装置の効果を高める防災計画

地震などの広域災害の場合、地震対策が十分になされていないと被害が予想以上に拡大し、莫大な損失を被る可能性もあります。必要となる緊急物資の備蓄・管理方法や組織体制の整備などを明確に規定した防災計画が必要となります。

地震速報受信装置を設置しただけでは、人は動きません。
防災計画に基づき、効率よく避難行動をとり、地震後の対応策を迅速にとることができて、初めて受信装置は効果を発揮できたと言うことができます。 受信装置失敗導入例
当社では、受信装置の効果的な導入を進めるために、導入時の提案はもちろんのこと、導入後の防災計画作成や地震リスクコンサルティングついても力を入れております。
受信装置の導入を、御社の地震対策・防災計画を見直す良い機会にしていただきたいと思います。

お問合せ・お見積り依頼