<エレベーター・安否確認システム・既存ビジネスホン連動 事例>

設置先会社名

 設 置 先 :株式会社安永様 
 設置場所:三重県(本社・各工場)、東京都墨田区(東京センター)
 事業内容:製造業(エンジン部品)
 社 員 数 :約1,000名

2014年4月地震対策として、死傷率軽減、エレベータ閉込め対策として、当社ハザードプロ、回転灯、エレベータの最寄階着床の閉込め対策が実施されました。

実施内容【1】エレベータについて

緊急地震速報での制御の有効性と情報伝達の速度差

<整備前>

① エレベータのP波センサ付地震時管制運転
                 ↓

地震のP波がエレベータにぶつかった後に、安全運転が開始され 最寄階に着床 結果として間に合わず、エレベータ閉込事故リスクがある

<整備後>

① エレベータのP波センサ付
  地震時管制運転
冗長化しより早いほうの信号で安全停止を自動開始
② 緊急地震速報の信号
                ↓
地震のP波がエレベータにぶつかる前に、安全運転が開始され 最寄階に着床。 結果として余裕が持てる可能性が高く、 エレベータ閉込事故リスクが低減

システム構成図
システム構成図

エレベータ工事の様子

工事の様子

エレベータ動作イメージ

動作イメージ

 動画を再生する

インターネット経由で情報を先回りしより早くエレベータ管制運転を開始せ、
最寄階へ着床を試みることが閉込め事故を防止します。

実施内容【2】ビジネスホンとの連動

テナントオフィスでは、放送設備が自社保有でないことなどにより、緊急地震速報受信機の整備が進んでいないところもあります。 そこで、既存のビジネスホンと連動するタイプのものを設置しています。ビジネスホンとの連動だけでなく、 既存の放送設備と連動し音声だけでなく、視覚的に分かるように回転灯も連動しています。

実施内容【3】安否確認システムとの連動

緊急地震速報受信機と連動することで、地震の揺れが来る前に、社員・職員などに安否確認を一斉に配信し、いち早く知らせることができます。 震度レベルに適合したグループに災害時の早い安否収集で人員の安全確保、被害状況の早期把握ができます。

安否確認システム構成図

三重県の本社と各工場、東京センターに緊急地震速報を導入しております。三重県の本社端末の緊急地震速報受信機と安否確認メールを連動し、また、東京センターの緊急地震速報受信機と安否確認メールを連動しています。
エリアごとに地震の揺れが来る前にお知らせできるようにシステムを構築しています。 安否確認システムの1つの機能である、グループ機能を利用することで、三重県のグループと東京都のグループに分けることができます。

Copyright 緊急地震速報受信機 テレネット 株式会社 All Rights Reserved.