IP無線機「HAZARD TALK(ハザードトーク)」 海難遭難者捜索用ツール「SEARCH-ME(サーチミー)」

導入してよかった!緊急地震速報システムが68秒前に鳴動!

ニュース

ニュースをもっと見る

トッピクス

●以前のニュースになりますが、2013年9月17日に東日本大震災で仙台地裁は地震災害時の
       施設管理者の「情報収集義務・安全配慮義務違反」による過失責任を幼稚園側に認め、
       遺族への損害賠償の支払いを命じました。経営者・安全管理者の自覚及び事前の備えが
       今後の災害対策でも重要と言われております。
       朝日新聞 | 毎日新聞
       ※新聞記事の掲載につきましては、新聞社様より許可を頂いております。


●東京都私立協会の緊急地震速報の整備助成金が終了し、 多数の園、学校(インターナショナルスクール含)様がテレネットで御導入頂きました。


保育園、幼稚園、学校で『緊急地震速報を活用した避難訓練』が始まっています。


このページの先頭へ戻る

緊急地震速報とは

緊急地震速報 (きんきゅうじしんそくほう、英語名称:Earthquake Early Warning、略称:EEW)とは日本の気象庁が中心となって提供している地震情報である。地震警報システムの一つで、主要動の到達前に速報を行うことを企図した早期地震警戒システムに分類されるものである。同種システムとしては世界初と言われる。

2006年8月1日から対象を一部利用者に限って緊急地震速報が正式に発表されることとなり、2007年10月1日、「一般向け」緊急地震速報(強い揺れ が想定される場合に発表)が導入されるにいたって本格的な運用が始まった。前者は「高度利用者向け」速報として存続している。

この「一般向け」と「高度利用者向け」は、緊急地震速報の発表基準や受信・入手できる端末などが異なる。 「一般向け」緊急地震速報は、2008年9月11日午前10時までに8件の地震で計9回発表されている。

このページの先頭へ戻る

テレネットの緊急地震速報サービスについて

テレネット株式会社は、緊急地震速報を受信する緊急地震速報受信装置「デジタルなまず」の導入支援サービス・ひかり回線を含む効果的なシステムソリューションを提案しています。地震大国日本において、日ごろより地震に対して備えることは、非常に重要になります。私たちは、多くの場合、地震保険や火災保険に入っていますが、本当にそれだけで十分なのでしょうか?失った後の保障よりも、失わない備えが必要ではないでしょうか?

企業様向けサービス

今後の企業にとって、地震対策への対策をとっているかどうかが、従業員とその家族への教育・安全管理・福利厚生のひとつとして重要になってくるのはもちろんのこと、BtoBの場面においても、評価の対象になってくるのは確実です。緊急地震速報受信装置を導入し、企業の社会的責務を果たし、従業員への安全管理をはかることは、長い目で見て、企業価値を高めることにもつながります。

ご家庭向けサービス

企業や学校にばかり防災管理を求めていても、実際に家にいる時間帯に地震が起き、さらに、家庭での地震対策が不十分であれば、自分や大切な家族を危険にさらすことになります。 ご家庭においても、緊急地震速報受信装置の導入・設置をすることで、自分と大切な家族を守ることができます。

余震リスク管理

緊急地震速報受信装置は、余震活動においてもその機能を発揮しますので、装置を導入することで余震活動における肉体的被害の軽減、精神的ストレスの軽減につながります。

シミュレーション

緊急地震速報受信装置をつけただけで満足して、普段から「訓練・シミュレーション」をしていないと、とっさの瞬間には結局何もできなかった、という場合があります。

設置した地震速報を生かすためにも、日ごろの避難訓練が重要になってきます。

リスクコンサルティング

テレネット株式会社では、緊急地震速報受信装置を設置したことで生じる数秒の猶予を無駄にしないために、緊急地震速報受信装置を設置するだけでなく、提携のリスク管理専門会社による地震リスクコンサルティングを実施し、緊急地震速報の設置場所や設置後の防災計画作成のお手伝い、またその他の地震リスクの診断まで、トータルでご提案させていただきます。

このページの先頭へ戻る

緊急地震速報の概要

地震の発生直後に、震源に近い観測点の地震計で捉えられた地震波のデータを解析して震源の位置や地震の規模(マグニチュード) を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く緊急地震速報を発し、知らせるものである。

主要動到達前のわずかな時間を適切に活用できれば地震災害の軽減に役立つものと期待されている。しかし、緊急地震速報が主要動の到達に間に合わない場合があるほか、誤報のリスクや伝達速度などの技術的な問題もある。

2006年8月1日より試験的・限定的な緊急地震速報の発表が行われてきたが、2007年10月1日の「一般向け」緊急地震速報の提供開始が決定されたことを受け、提供開始直前まで広報手段について調整が行われた。2008年現在、速報に関する諸問題(問題点参照)を考慮しながら、テレビを皮切りに、「一般向け」速報が順次拡大しつつある。また、個人においても法人などにおいても、導入の可否はそれぞれの判断に任せられており、義務化の予定はない。

気象業務法の2007年12月1日施行の改正で、緊急地震速報は地震動の予報・警報に位置づけられ、他の予報・警報と同じく気象庁に義務づけられている。気象庁の発表では、名称「緊急地震速報」を警報に用い、区別には「緊急地震速報(警報)」「緊急地震速報(予報)」を用いる。

このページの先頭へ戻る

テレネットの緊急地震速報受信機を使うメリット

緊急地震速報受信機を導入していただくことで地震を事前に知ることが出来ます。

事前に知ることができれば退避行動をとることが出来るため、死傷率の軽減に繋がると言われております。また、二次災害を防ぐことも出来ます。

学校や、会社などでも避難訓練を実施されているところが多くなってきています。地震を事前に知ることができれば普段行われている避難訓練通りに行動をし避難して頂けます。

弊社では、地震コンサルティングを行なっており受信機を設置するのみならず、設置場所や設置後の防災計画作成のお手伝い、またその他のリスク診断まで、トータルでご提案させていただきます。

緊急地震速報の仕組み

地震では初期微動でのP波と呼ばれる小さな揺れ(縦波)と主要動でのS波と呼ばれる大きな揺れ(横波)が同時に発生する。P波とS波とは伝搬速度が異なり、P波は毎秒約7km、S波は毎秒約4kmの速さで伝わる。この伝搬速度差を利用して、震源に近い地点におけるP波の観測に基づき、後から来るS波の伝播を時系列的に予測し、震源からある程度以上(P波とS波の時間差が充分に開くほど)離れた地点に対しては、その到達前に予測を発表することができる。

緊急地震速報は秒単位を争う情報であるため、その処理や伝達における遅延を極力少なくして主要動が到達するまでの時間を少しでも長くとる必要があり、配信システムやネットワークなどに高速化のための工夫がされている。

地震動(初期微動や主要動など)の情報は、気象庁の約200と防災科学技術研究所の約800の合わせて全国約1,000箇所に設置されている地震計を利用している。それぞれの地震計から、地震波形データをリアルタイムで気象庁に集計し、これを解析・処理して同庁から発表される緊急地震速報は、気象業務支援センターを経由して利用者へ配信される。また、これら直接の利用者から末端のユーザーへの二次配信が行われることもある。

配信された緊急地震速報は分かりやすい情報となって映像や音声として表示されるが、様々な形態がある。専用の端末機器では、あらかじめ設置する場所の位置情報や地盤の状態などを設定するなどし、緊急地震速報時には警報音を鳴らしたり、音声により地震の発生や震度などを伝え、文字や画像、ランプ等により地震の発生や震度、揺れるまでの時間などを伝える。大型の施設などでは、警報音と音声により施設内に一斉に放送などを行うことがある。(参照元:ウィキペディア)

このページの先頭へ戻る

  • 緊急地震速報受信機の代理店募集中
Copyright 緊急地震速報受信機 テレネット 株式会社 All Rights Reserved.